« キシリウム | トップページ | キシリウム(その2) »

2006年3月17日 (金)

部屋を決める【回顧】

 部屋探しをし始めたのは2月7日。ピタットハウスからの返信メールは、1,2日後に来るかと思っていましたので、正直、レスポンスの速さにびっくりしました。こちらとしても、その速さに応えるべく、即、「時間は1時〜2時でも大丈夫なこと」と、あと「築2年のアパートも同日に内覧したい」と返信し、午後の業務にかかりました。

 それから、1時間ほどして、再び担当のMさんからのメールが。この矢継ぎ早に送られてくるメールには、思わず、「勧誘商法もこんなんだろうか?」との錯覚を起こしてしまいました。

 あとから希望した築2年のアパートについては、

「HPのアパートなんですが、(中略)こちら人気の物件なので内見前にお申し込みが入ることがあります。どうぞご検討下さい」

とのこと。「善は急げ」ということで、「2月9日の夕方にお店に行きます」と返信し、間取り図だけでも見させてもらうことにしました。

 2月9日、朝イチで、今度は電話がMさんから有りました。「それまでの間に、他の住宅情報サイトや、ピタットハウスのサイトを何度か見て、現時点では、築2年のアパートがもっとも条件が良い物件なので、ほぼ気持ちは固まっています」と、気がつけば、ドラフトに指名された時のパンチ佐藤のようなコメントをしていました。

「それでは、夕方、お待ちしていまーす」

またまた、勧誘商法に陥れられているのではないかという錯覚が。どうも、若い子は苦手です。

« キシリウム | トップページ | キシリウム(その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 部屋を決める【回顧】:

« キシリウム | トップページ | キシリウム(その2) »

日めくりカレンダー

ワタシの出品

カテゴリー