« 「笑がおの湯」にて | トップページ | NHKのW杯報道 »

2006年6月13日 (火)

ワールドカップF組日本vsオーストラリア

  終盤に3失点して、逆転負けを喫してしまいましたが、それ以前に、決定力の無さが露呈した試合でした。やはり、ワールドカップという大舞台で実力を十二分に発揮するのは難しいのでしょうね。

  前半の高原の切り返してのシュートや、後半、同点に追いつかれてからの福西のシュートなどは、せめて、ゴールの枠内に打って欲しいなと、見ていて歯がゆいばかり。

  サイドからの攻撃も、右の駒野からのクロスボールは大きいのばかりだったり、左のアレックスは躊躇しているようで、クロスを上げるのがワンテンポ遅かったりと、得点に結びつくような決定的なものではなかったのが残念。

  この試合で得失点差が-2となり、決勝トーナメント進出が難しくなってしまった分、次のクロアチア戦は気負うことなく見ることが出来そうです。それとも、ブラジルが、対クロアチア、対オーストラリアと、5-0ぐらいの爆発的な攻撃力を見せたりして、日本の予選リーグ通過に優位な状況が転がり込んでくることがあるでしょうか?

« 「笑がおの湯」にて | トップページ | NHKのW杯報道 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

「いったドコ見て(シュート)打っとんじゃい!」というシーンばかり目に焼きつきました。

◆もっとポカスカとシュートを打ってもらいたかったですよね。

正直言って、先日のマルタ戦を見たときに、昨晩のような惨状は予想できたのですが、その前の引き分けたドイツ戦で、「行けるのではないか?」という勘違いムードが起こってしまいましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップF組日本vsオーストラリア:

« 「笑がおの湯」にて | トップページ | NHKのW杯報道 »

日めくりカレンダー

ワタシの出品

カテゴリー