« くりぃむナントカ-第2回長渕剛ファン王決定戦! | トップページ | そろそろ冬眠? »

2006年10月21日 (土)

CASIOPEAというバンド

   何気なく、音楽関連のネットサーフィンをしていたら、「CASIOPEAが活動休止」というくだりを見つけました。(8/1発表なので、今更ながらの感はありますが)

   思えば、今から24年前、放送部に在籍していた中学1年生の時に、BGMとしてLPレコードを借りてきたのを、部員全員でダビングしたのが、CASIOPEAとの出会いでした。その後、半年毎にリリースされるアルバムを心待ちにしていたものです。

   当時のメンバー、野呂一生(ギター)、向谷実 (キーボード)、櫻井哲夫(ベース)、神保彰(ドラム)の4人は、今思うと「黄金期」のメンバーで、メンバー全員20代だったことから、演奏のスピードも速く、聴いていてメリハリを感じていたのですが、私が大学生になった1989年に、櫻井氏と神保氏が抜けたことから、曲調がなんとなく変わり、大学時代、同じくCASIOPEAのファンだったゼミの後輩と一緒にコンサートに行った時に、「こんなんじゃ無かったね」ということで、CASIOPEAからは遠のいてしまいました。

   しかしながら、CASIOPEAの曲を聴いていないかというと、そうではなく、「黄金期」にリリースされたアルバムは、ドライブ中にいまだに聴いているのでした。

Make_up_city    中でも、一番のお気に入りはこれ。1980年リリースの「MAKE UP CITY」というアルバム。ケースは擦り傷だらけです。念のため、未開封の物をもう一枚所有しております。

« くりぃむナントカ-第2回長渕剛ファン王決定戦! | トップページ | そろそろ冬眠? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

大学3年か4年の時、当時プロデビューし立てで殆ど無名だった(筈の)カシオペアを学園祭の後夜祭に呼んだことがまだ昨日の事のように思えます。

別名『司会屋(向谷)実』と呼ばれていたライブの時の軽妙なしゃべりが好きでしたね。私も分裂後の演奏はCDを含めほとんど聴いた事がないです。

◆amatさん、学園祭に呼んだというのは凄いですね!? デビューしたての頃だと、まだ素朴な感じもする演奏だったのでしょうか?
私が最初に行ったコンサートも、都の西北にある某大学の学祭でのコンサートでした。学校帰りだったので、学ラン着たままで行きました。
活動休止した今となっては、「青春時代の思い出」として留めておくのが良いですかね!?

かさはらさん、「司会屋さん」はMCで鉄道ネタに触れてくれるので、鉄オタだった自分は、その楽しみもありました。
今では、キーボード奏者としての知名度よりも「Train Simulator」の開発者としての知名度のほうが高くなっているような気がします。
http://mukaiya.cocolog-nifty.com/mukaiya/

「分裂後」のCDは買い漁ってはみたのですが、どうも受け入れられずに、結局はAmazonで売り捌いてしまいました。

あぁ〜っ、リンク先の写真見ない方が良かった・・・・。(泣)

どう見ても、ミュージシャンには見えない。ずっと昔からだけど。

当時の記憶は曖昧ですが、皆若いのにスゲーテクニックで当時としては大掛かりなPA装置をガンガン鳴らしてました。

その後、カセットにエアーチェックなどで録音してパイオニアのカーコンポでよく聞いていましたが曲名やアルバムタイトルは覚えていません。

死語が多い文面です。

◆かさはらさん、向谷さんも、もう50歳だそうですので・・・。

amatさん、自分は楽器を弾かないですが、カシオペアの楽譜を見た、バンドやってた同級生らは、口々に「すげぇー!」とか「こんなの弾けねぇ!」とか言ってたのを覚えています。

ちなみに、私もエアチェック世代ですので、いまだに、カーコンポにはカセットデッキ必須です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CASIOPEAというバンド:

« くりぃむナントカ-第2回長渕剛ファン王決定戦! | トップページ | そろそろ冬眠? »

日めくりカレンダー

ワタシの出品

カテゴリー