« お盆休み総括(2日目・8/15) | トップページ | お盆休み総括(最終日・8/17) »

2008年8月18日 (月)

お盆休み総括(3日目・8/16)

長い1日でした。午後からは興奮しっぱなし。だらだらと長文で振り返ります。内容は薄いので端折って結構。

まずは、会社に行って、ゴミ出し。悪ネコ「ジャネット」が、工場の中に忍び込んでくつろいでいて、その姿にあきれる。暑さをしのぐ場所を探し出す本能は見事。つい、こないだ、黒ネコくんを産んだばかりのはずなのに、もう腹ぼてになってやがる。

つづいて、この日からボルボのディーラーが休み明けということで、修理のためにディーラーに車を持ち込み。ツナギ姿で洗車していた担当のOさんが出迎えてくれました。排気ガス中の酸素濃度を測定する「O2センサー」の交換と、初年度登録から6年が経過しているので、タイミングベルト及びプーリーの交換。夕方までに作業完了ということで、また後ほど、6時過ぎに引き取りに来ることにする。電車とバスを乗り継いで、3本ローラー練習をするために会社へ。競輪場へ行くには、まだちょっと時間が早い。お金が持たない。

おさんぽバスでは、ちょっと不快なことがあったけど、自ら、「ちょっとイイことしたなあ」と気分を良くして、会社で3本ローラー。「昨日の松戸のネットライブで、滝澤さんも、冷房の効いた部屋で3本ローラーに乗ってるって言ってたなぁ」と共感しながら、と、これまた気分良く60分。せっかくの土曜日なのに、「バラエティー生活笑百科」が、オリンピック中継のためにお休みなのがちょっと残念。さて、いざ、松戸けいりんへ!

会社の最寄駅から、松戸競輪場の最寄駅の北松戸まで、大手町乗り換え千代田線で行くのと、西船橋まで出て、そこから武蔵野線に乗って、さらに新松戸で乗り換えて行くのとでは、どっちが得かと調べてみたら、料金は両方のルートとも同じ。それなら、「乗り換えが1回で済む大手町経由で」ということで、競輪場とは逆方向のように思える電車に乗って大手町へ。

大手町駅の慣れ親しんだ連絡通路を通って千代田線のホームへ行くと、なんと、次の電車は綾瀬止まり。結局、乗る電車の本数は同じになってしまいましたが、こちらのルートだと、東京メトロの230円区間の回数券を利用できるので、OKです。

綾瀬で、来た電車に乗ると、スポーツ新聞の競輪欄を見ている人がちらほら。見出しでは「新田が捲くる!」などと書いてありますが、静岡の新田と、決勝に3人残った千葉勢は、同じ南関(なんかん、南関東)勢同士。前3日とも、新田の後ろを千葉勢がまわって連携している。「新田が捲くるのは、群馬の矢口が先行した時だけだろう」というのが、ワタシの予想。電車が北松戸に着くと、競輪場に行くと思われる客がぞろぞろ。この辺りでの雰囲気も、結構好きです。

松戸競輪場は、北松戸駅から歩いて2,3分と、駅から近い。入場料100円を自動改札で払って場内に入ると、ちょうど、第8レースの出走時間。競輪場の雰囲気を味わうために、まずはゴール付近で観戦。大阪の乾が先行するも、早めにふかしてしまったので、「ゴールまで持たない」と思った観客からは、残り1周付近で早くもため息が。乾がらみの車券を買っていたんでしょう。やっぱり本場の客は熱い!   レースのほうは、和田健太郎があっさり捲くって、和田-丸山啓一の人気サイドで決着。最後タレた乾には、容赦なく野次が飛ぶ。

9レースは、金子の先行で山田がアタマ、金子も逃げ粘ってという組み合わせで景気良く1点買い。あまり考えないで購入。海老根は調子悪そうだからケトバシ。と思ったら、堤がイイ感じで突っ込んできて、車券はパー。開催前から「調子悪い」と公言していたにもかかわらず、海老根にも容赦ない野次。

10レースは、ちょっと真面目に考える。3日間とも先行していた新鋭の柴田がこの日も先行して、それを、格上の佐藤友和が捲くるというのが大方の予想のようだが、最終日の負け戦なので、岡山の三宅達也がなんかやりそうな気がして、三宅と佐藤、あと柴田の番手の飯嶋則之3人で2車複ボックス買い。他、すんなりの場合も考えて、佐藤-佐々木、飯嶋-柴田も購入、計5点買い。レースのほうは、赤板(残り2周)で柴田が先行体勢に出ようとしたところを、佐藤ラインが叩いて(前に出て)、さらに打鐘(残り1周半)から、三宅が上昇して、単騎で佐藤を叩いて、三宅の先行で佐藤が番手にはまる展開。三宅はそのまま押し切って1着。2着は佐藤で車券的中。ゴール後、バンクを周回している三宅に、スタンドから「三宅っ!ありがとう!」とオッサン(ワタシではない)のでかい声がかかり、三宅がペコリと頭を下げていく。こういう光景も好きです。

10レースの選手が引き上げた後、最終11レースの選手が脚見せ。地元千葉勢への期待は大きく、特に、最初の2日間、不甲斐無い競走をしていたY賀くんには激が飛ぶ。ワタシもフェンスにへばりついて、「Y賀~!主導権取れよ~!」と大声で叱咤激励。以前と比べると、顔つきが変わったな~。凛々しくなった。練習の後に、肉丼とラーメンを喰っていたときの顔とは大違いだ。もう5年も前の話だけど。

車券のほうは、Y賀くんの番手をまわる「親愛なる」中村ヒロシをアタマに千葉勢へ流し、あとは、矢口が先行したときのことを考えて、捲くりにまわるだろう新田と齋藤登志信も絡めて。松戸競輪場は、「締切3分前」の音楽が流れてから、実際には5分以上車券を売っているので、どんどんオッズが変化していく。「潮騒のメロディー」を聴きながら、ゴール線上の観やすい場所に移動して、レースを待つ。観客が集まってきて熱気ムンムンです。

レースのほうは、残り2周から、きちんと主導権を握ったY賀くんの番手から中村ヒロシが抜け出して、4連勝で完全優勝おめでとう。今開催は松戸競輪場のバンクレコードも出したし、強かった。観客のオヤジたちのボルテージも最高潮。ワタシの車券はちょっとだけプラス。車券の払い戻しを待っている間、大雨が振り出したので、そのまま雨宿りがてら、表彰式を最後まで見る。ブログを読む限りではキザっぽい中村ヒロシが、感極まって、素の表情でインタビューに答えていた。

この後は、ディーラーに車を引き取りに行かなくてはならない。土砂降りの中、傘は差したもののズブ濡れになりながら駅へたどり着くと、ちょうど電車が行ってしまったところで、10分以上待つ羽目になる。皮肉なもので、その間に雨は小降りになっていた。

新松戸で武蔵野線に乗り換えて、市川塩浜駅のそばにあるディーラーへ。コーヒーをご馳走になり、担当のOさんと、「今年の天気はおかしいよね」というような歓談をした後、車を引き取って帰宅。

競輪を観て気分が乗っていたので、今度はゴルフの練習へ。途中、雷を伴った激しい雨に見舞われるが、中には、煙のようになった雨に向かって、ドライバーを打ち続ける猛者も。ワタシも感化されてやってみたら面白い。すごくストイックな気分。結局、ゴルフ練習場でも雨宿りをして、小降りになったところで帰宅。

あとは、翌朝の女子マラソンを楽しみに、ちょっと早めに寝ようと思ったら、陸上男子100mの決勝が日本時間の午後11時半スタートだという。まあ、これを見ても、12時までには眠れるだろうと思ったら、最後流したにもかかわらず世界新記録で優勝してしまって大興奮!   「こんなの有りかよ!」という感じで、結局、その後、ダイジェストやら何やらで就寝は3時過ぎ。NHKのアナウンサーがダイジェストで、優勝したボルトの走りを「欽ちゃん走り」と評していたけど、なんか聴いてて恥ずかしい。「女子マラソンは観れなくてもいいや」との思いで眠りに就く。

« お盆休み総括(2日目・8/15) | トップページ | お盆休み総括(最終日・8/17) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お盆休み総括(3日目・8/16):

« お盆休み総括(2日目・8/15) | トップページ | お盆休み総括(最終日・8/17) »

日めくりカレンダー

ワタシの出品

カテゴリー