« 焼きが回った | トップページ | 天皇誕生日 »

2008年12月22日 (月)

憧れていた光景

今から20年以上も前、ツール・ド・フランスのシャンゼリゼのステージで、疾走する選手たちを初めて見たときに、

「日本でもこのような街中を走る自転車レースが出来ないものか?」

と思い、自分がロードレーサーを買った当初は、交通量の少ない日曜日の早朝に、銀座や日本橋界隈、時には皇居の向こう側まで行って、赤坂や霞ヶ関界隈をロードで走り抜けていました。

まあ、信号が多くて、ちょくちょく止まらなくてはならないので、そのうち、サイクリングロードを走るようになってしまったのですが。

それで、TVで流れるようになってから、大分経ってますが、競輪のCM

ノーヘルなのはいただけないのですが、9人と少人数ながらも、都内を集団走行しているというのが、自分の20年前の行動からしたら懐かしくもあり、また、レースっぽく見えるところが自分の思い描いていたものと似かよっており、何となく胸がスカッとするような気分。

個人的には、神田駅のガード下を抜ける場面が、一番のお気に入り。

賛否両論あると思いますが、東京五輪が開催されることになったら、ゴール地点は都心に設定してもらえないだろか?

※今日の小倉競輪の出走表を見ていたら、競輪のCMに出ていた選手が第1レースに出走するので、思い出して、つらつらと書きました。

« 焼きが回った | トップページ | 天皇誕生日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

競輪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憧れていた光景:

« 焼きが回った | トップページ | 天皇誕生日 »

日めくりカレンダー

ワタシの出品

カテゴリー