« 山の道具 | トップページ | USポスタル »

2010年3月22日 (月)

ということで「Z35」!

ということで「Z35」

(↓下の記事のコメント欄からの続きです)

か退院のものと、すっかり被ってしまいました。

祝日の午後、津田沼の専門学校で真面目に定例の試験を受けた後は、総武線に乗って、一気に御茶ノ水まで。目指すは石井スポーツ登山本店。「リニューアルセール」の案内が届いておりまして、それが今日までだったので、この際、ザックを買うことにしました。

予算は、確定申告の医療費控除で18,000円ぐらい戻ってきたので、そのくらい。

店に入り、ザック売り場へ行きますと、山女の方々がザックを物色していましたので、ワタクシは、そそくさとザックを手に取り、背負ってみます。

まず、目に付いたのは、ミレーの「Izoard」というモデル。「えっ!イゾアール!?」ということで、ツール・ド・フランスでおなじみの峠の名前を付けたザックで、長年、ツールを見続けている者としては、見過ごすことは出来ません! 容量が35Lと、ちょうど良さそうだったのですが、外部にポケットが付き過ぎなのと、2気室なのが致命的だったので、却下です。(ワタシは、2気室のザックが好きではないので。ただ、ファスナーを外すと1気室になるという仕組みだったかもしれません)

続いて、軽さ重視にしようかと思い、「750g」と表記されていたカリマーの「トリム」という、やはり35Lのザックを背負ってみますが、軽いだけあって、肩や腰のベルトが華奢に感じて、心もとない。「長期縦走の時のサブザックには良いんだろうなぁ」ということで、軽さに未練を感じずに却下。

次いで、同じくカリマーの「リッジ」というモデルに着目! ところが、容量が30Lか40Lのどちらかになってしまう。容量が40Lでは十分すぎることを、か退院どのが検証してくれていたので、あえて40Lにすることはないなということで、却下。ただし、単独行でしたら装備が増えるので、40Lでも良いんだろうなと思います。

オスプレーは、か退院どのの書き込みを思い出して却下。自転車用ザックでおなじみのドイターは、ドイツ製だけあって、ちょっとゴツい感じがしたので却下。

ということで、自分なりに、グレゴリーの「Z35」と「ジェイド35」という、2つのモデルに絞り込んだのですが、残念ながら「ジェイド35」は女性用ということで、ワタシの胴長な背中にはちょっと小さすぎて却下。絞りに絞って、「Z35」になりました。

色については、ブルーのツートンカラーのものが欲しかったのですが、あいにく在庫無し。「新色ですよ!」という黄金色は、まさしく黄金を連想させるので却下。黒とダークグリーンのツートンカラーは、グレゴリーらしくて良いかなと思ったのですが、ちょっとテンションが上がらなさそうなので、結局、「シベリアングリーン」という黄緑色のものに。(冒頭の写真)

ザックの他、コンパスとヘッドライトも購入しました。コンパスは、「SILVA」というメーカーのものが有名なんですが、「スント」のものがあったので、「こりゃ珍しい!」と、そちらの一番安いのを購入。SILVAのものより1,000円ぐらい安かったです。ヘッドライトは、「PETZL」というフランスのメーカーのLED電球のもの。これも、Pana(sonic)よりは安い。自分は、山では、ヘッドライトを首に掛けて寝ます。LED電球になってコンパクトになったので、ファイテンのネックレスと大差無さそうな大きさ!(そんなわけは無いと思いますが)

« 山の道具 | トップページ | USポスタル »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

わ、わかりました!
同じものイットキます笑

◆隊長~殿

「Z35」、試しに背負ってみる価値はあると思います。自分の場合、いくつか試した中で、腰から背中へかけてのフィット感が抜群でした。背中との相性が良さそうです。

色までもが、か退院のものと被ってしまったのは、「Z35」に決めた後の、色を決める段階では完全に舞い上がっていたためです!(笑)

隊員たちの装備が充実し倒しているので、
なんだか隊長としては手ぶらで
イケそうな気になります、、、笑。


自転車乗りの肩から背中、腰のシェイプって独特ですから意外に合うザックが少ない様です。カリマーは70L超の大型ザックを持っていてフィットするのですが、定番中の定番なので面白くはないですよね。ザックカバーは購入しましたか?

アルコホルは自分の分は自分で運搬が鉄則なので、手ぶらと言うわけに行きませぬ

◆隊長~殿

装備は使わないに越したことはないのですが、自分の場合は、食糧と衣類はどうしても多めに持って行ってしまいます。これはクセです。

割って飲む酒の携行には、JINROのポケットサイズのボトルが良いという評判です。(スキットル型になっている)
http://www.jinro.co.jp/company/release_pdf/0809_01.pdf

もちろん、中身は変えてオッケ~です!

◆か退院どの

ザックカバーもグレゴリーで揃えて、40L用のものを購入しました~
出来るだけ使いたくないんですけどね!

背中のフィット感については、キスリングの中に背中部分への当て物として折り畳みのテントマットを入れていた者としては、隔世の感があります。

特にZ35の湾曲具合は、猫背気味のワタシの背中にピッタリです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ということで「Z35」!:

« 山の道具 | トップページ | USポスタル »

日めくりカレンダー

ワタシの出品

カテゴリー