« ハイドレーションパック | トップページ | 祖母十三回忌法要 »

2010年7月 1日 (木)

今年のツール

7月ですね。ツールです。

アラシロ選手が2年連続出場ということですが、昨年のツールや今年のジロでの走りからすると、何ら珍しいことに感じず、当たり前のようになっているところが不思議です。

ですが、ワタシは、今年はツールの中継は見ない予定です。一番の理由は、社労士試験の勉強を優先すること。二つ目は、槍。三つ目は、チャンネル権が無いこと。週末ぐらいは見るかもしれませんけど。

さらっと終わらせてしまうのも何なんで、今年のコースを見て思いついたことをいくつか。

●第2ステージでL-B-Lのコースを通るみたいですが、インデュラインとブリュイネルが逃げて、ブリュイネルがチョイ差しして区間優勝したのを思い出しました。逃げている間、ほとんどインデュラインの後ろについていて、最後、差して勝ったブリュイネルに対し、同じベルギー人のエディ・メルクスが「恥ずかしい走り」などとコメントしていました。ゴール地点は「スパ・フランコルシャン」サーキットじゃないんですね。サーキットがゴールになったステージもありました有ったと思います。

●第3ステージでは石畳を通りますが、デルガドがプロローグで遅刻した年も、石畳のステージがありました。

●第8ステージは、アヴォリアッツ(Avoriaz)の登りゴールですが、昔、コロンビアのエレラが勝ったところ。ウグルモフが登りの個人TTで、パンターニに勝ったところでもあります。

●第12ステージのゴール地点手前、最後の山岳ポイントは「ローラン・ジャラベール山(坂のほうがふさわしいか)(Montée Laurent Jalabert)」なんていう名前が付いていますが、これは、95年のフランス革命記念日に、ジャラベールがここで区間優勝をしたからでしょう。この時は、逃げ集団6人のうち、オンセがジャラベールを含めて3人送り込んでいて、逃げを完全に決めてしまったのでした。ジャラベールの他は、マウリとステファンスだったかな。ちなみに、ゴール地点は空港。たぶん滑走路。
Profilkms

マンデ(Mende)のゴールも良いけど、久しぶりに、ミヨー(Millau-Causse Noir)の登りゴールも見たいよ。ミヨーは、今では「」で有名ですが。

●第16ステージ。えぐいですね。アスパン(Col d'Aspin)とトゥールマレ(Col du Tourmalet)のセットの前にペゥスールド(Col de Peyresourde)、後にオビスキュ(Col d'Aubisque)という、伝統的な峠を4つ越えるステージ。2日間に分けても良いようなステージです。オビスキュを越えてから、ゴールのポー(Pau)までが長い。
Profil_2

●第17ステージ。トゥールマレの頂上ゴールは珍しいですね。1974年以来、2回目だそうです。西側から登るのも珍しい気がします。
Profilkmstourmalet

●第18ステージ。ボルドー(Bordeaux)のゴールは、相変わらず、道幅の広い直線道路のままだろうか?

生中継を視る皆さん、楽しんでください!

« ハイドレーションパック | トップページ | 祖母十三回忌法要 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車ロードレース観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年のツール:

« ハイドレーションパック | トップページ | 祖母十三回忌法要 »

日めくりカレンダー

ワタシの出品

カテゴリー