« 4/2 自転車練習 | トップページ | 4/3 今日の武蔵野線鉄橋 »

2011年4月 2日 (土)

募金に行ってきました

新宿の小田急百貨店前で、バレーボールの大山加奈さんをはじめとするアスリートの皆さんが募金活動をするというので、行ってきました。

新宿の地下道を歩いて行ったのですが、地下道にまで「よろしくお願いしま~す」と大きな声が聞こえてきたので、地上に出てみますと、大山加奈さんのグループではなくて、日本バレーボール協会の募金活動で、大声の主は、川合俊一さんでした。

若手の選手から、引退した元選手まで、20人ぐらいで並んで活動していたのですが、川合さんの隣にいたのが、あの三屋裕子さんだったので、まず、三屋さんの募金箱に募金を入れました。何を隠そう、自分がバレーボールを見るようになったきっかけは三屋さんだったのです。そういった話をして、握手もしてもらいました。

続いて、ちょっとはずれたところに全日本男子の植田監督がいたので、そちらに入れようと思って向かって行ったら、その手前に、元日立で、今はビーチバレーに転向しているタナカシナコさんが居たので、「あっ!シナコさん!」と、シナコさんの募金箱にも入れまして、「日立の頃から応援しています」と話して、これまた、握手。
(ちなみに、シナコさんのブログは、ワタシの「お気に入りリスト」に入っています)

そして、男子の植田監督の募金箱にも。「ロンドン(オリンピック)出場目指して、頑張ってください」と激励して、がっちりと握手しました。

これだけで、昔からのバレーボールファンであるワタクシはすっかり満足してしまって、帰りそうになってしまったのですが、そもそものきっかけは大山加奈さんの呼びかけだったので、「いけないいけない」と、そちらのグループのところへもきちんと行きました。

行ってみますと、大山加奈さんは中高生ぐらいの女の子に人気があるようで、そこだけ人だかりになっていました。引退した今でも人気がありますね。ワタクシは世代的には、大山さんの隣にいたアテネオリンピックにも出場した吉原知子さんのほうが近いので、吉原さんの募金箱に入れてきました。で、これまた、ちょっとした話をしまして、握手もしてもらいました。大山さんと、東レについての話もしてみたかったのですが、まあ、いいでしょう。

ここのアスリート集団には、K-1の角田さんもいて、力強さも感じました。

自分の感激度としては、男子の植田監督は別として、

三屋裕子さん>吉原知子さん>タナカシナコさん>大山加奈さん

のような順でした。ただ単に年齢順でもありますが。

三屋さんと吉原さんはキレイという印象。シナコさんは健康的に日焼けしすぎ(笑)。大山加奈さんはバレーボールでの重責から解放されてホッとしているような表情か。そういえば、数日前に古いVHSで、東洋紡時代の吉原さんとNEC時代のシナコさんを見ていたのでした。

地震直後は、即興性から、インターネットでの募金で済ませていましたが、実際に募金活動しているところに行ってみると、真剣さとか、温かさとかが伝わってきて、良かったです。ただ、募金箱を持って並んでいる方々との間に微妙な空間があって、なんか、「ねるとん紅鯨団」の告白タイムを連想してしまいました(笑)。三屋さんに告白しに行くような気分でしたもん(笑)。写メを撮ろうとしている連中が離れて立っているので、そういう空間が出来てしまっていたのでした。

« 4/2 自転車練習 | トップページ | 4/3 今日の武蔵野線鉄橋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 募金に行ってきました:

« 4/2 自転車練習 | トップページ | 4/3 今日の武蔵野線鉄橋 »

日めくりカレンダー

ワタシの出品

カテゴリー