« 9/8 自転車練習 | トップページ | ロード世界選ジュニア男子個人TT »

2012年9月17日 (月)

9/16,17 南八ヶ岳・赤岳(その1)

Cimg0734_3

所属している?木更津の自転車チームOBのYさんが、しきりに「赤岳に登りたい!」とワタシに言ってくるので、房総里山ハイキング仲間に参加を募ったところ、TさんとKさんが参加表明をしまして、計4名のパーティで赤岳登山にトライすることになりました。

YさんとKさんは高所での岩稜歩きは経験無し。Tさんは登山経験は豊富だけど、十数年のブランク有り。ということで、赤岳の頂上に立つことを最低目標にして、余力が有れば稜線歩きも加えてみましょうというプランで臨んでみました。

※いつもと違うメンバーでの山歩きだったせいか、愚痴っぽい文章に感じられるかもしれませんが、文中から、山歩きにおける問題点を読み取っていただければと存じます。

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲

さて、この4名の中でワタシは一番最年少であります。あと、自身の経験からアドバイスは出来ても、立場上、決定権は無いに等しい。

八ヶ岳の赤岳へ登る際、最もやさしいと言われるルートの登山口は、茅野市の美濃戸口というところなのですが、そこへは、Yさんのハイエースで行って、車中泊をするという。まず、そんな状況では、最年少のワタシは気を遣ってしまって眠れるはずもなく、寝不足では登ることもままならなくなりそうなので、時間に余裕があることを理由に、ワタシだけは美濃戸口にある八ヶ岳山荘に先乗りして、前泊してから歩くことにさせてもらいました。

ついで、計画では美濃戸口からその日のうちに赤岳山頂に到達する予定だったので、自分としては、6時ぐらいから出発したいなと思って、そのような行程を考えて計画書にまとめたのですが、Yさんが雑誌からの情報か何かで得たらしく、「八ヶ岳山荘の朝食は6時かららしいから、歩くのは7時からにしよう」ということで、歩きだしの時間は7時に決められてしまいました。実際には、八ヶ岳山荘では希望の時間に朝食を出してくれるそうだし、自分としては、槍ヶ岳で経験したように弁当での対応でも問題なかったのですが、「Burdくんもゆっくり朝飯を食えるでしょう」と、ちょっと「山を舐めてる」返事を頂きつつも、決定権は持って無いので、「では、7時スタート厳守で」ということで了解。しかし、この遅い行動がトラブルの発端となる。

Yさんからは、その後、「美濃戸口の駐車場ではなく、諏訪湖のサービスエリアなら温泉があるから、そこで車中泊をする」などとメールが来て、「諏訪湖だと、最寄りのインターより先に行ってしまうけど、岡谷まで行って戻ってくるのかいな?」と思いながらも、「7時スタートでよろしくお願いします」と返事をして、当日は現地集合、ワタシが八ヶ岳山荘の前で待ってますということで事前の打ち合わせ終わり。

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲

山歩きの前日、ワタシは、新宿駅のC&Cというカレー屋さんでお決まりの温野菜カレーを食べてから、特急あずさ号に乗り、茅野駅下車。そこからはアルピコバスに乗って、美濃戸口に夕方4時過ぎに到着しました。八ヶ岳山荘に入り、宿泊者が少ないおかげで個室に通されて、のんびりとテレビでゴルフ中継を見てたら、Yさんから「気温はどのくらい?」と電話。「そんなの分かりませんよー」といいつつも、まあ、半袖シャツ1枚で暑くも寒くもないので、「20度ぐらいじゃないですかー」と答えると、「明日歩くのに長袖じゃ暑いかな~?」とか聞いてくる。「自分は長袖ですよ。長袖着て、暑かったら腕まくりして、ファスナー全開で良いんじゃないですか?」と。変にアドバイスして、あとでああだこうだ言われても嫌なので。

ゴルフ中継の後、地元のローカルニュースが流れ、最後に茅野市に隣接している原村の天気予報も流れたので、「最低気温17度…」などと、それをそのままYさんにメール。5時半ぐらいから、自分は貸切状態の風呂へ。夕食は6時から。味噌味の鶏鍋ととんかつがおかずのメイン。美味しかったので、鍋物の汁も出来るだけ残さないようして完食。翌日の支度をして、山時間に則って、8時には就寝です。

ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

6時間くらい寝た夜中の2時ごろに目が覚める。「‘か’さんを見習って天体観測でもするかな~」とカーテンを開けたら、星空どころか車のヘッドライトがやたらと目に入る。美濃戸口にある駐車場に続々と登山客の車が到着しているらしく、さらに、林道を奥まで入った美濃戸の駐車場を目指す車もバンバン通過しているようだ。

明け方まではうとうとしながら過ごそうと思っていたら、朝5時過ぎぐらいからは、駐車場の場所獲り合戦のための怒号が。先に来た車が2台分のスペースを抑えておいて、後から来た仲間に大声で呼びかけているみたい。

美濃戸口の駐車場の管理者は2者あるのですが、そのうち、八ヶ岳山荘が管理している駐車場は、朝6時前には満車。もう一方の管理者の駐車場は、管理人が居ないために、適当に停められてしまって、それでも入れない車が車道を埋め尽くしたり、Uターンをしたりとパニック状態。当然のことながら、林道の奥の美濃戸の駐車場も満車で、林道は通行禁止。と、ワタシは6時からの朝食を摂りながら、その様子を見ておりました。6時20分頃到着したYさん一行(ワタシもその一行のうちの一人ですが)のハイエースもそのパニックに巻き込まれて右往左往です。

管理人がまだ来ていないほうの駐車場では、普段、満車になった際は、通路となるところにも車を止めて管理人に鍵を預け、あとは、管理人が車を入れ替えて対応しているとの情報が入ったので、Yさんのハイエースをひとまず通路の奥に突っ込んで止め、みなさんは支度開始。7時過ぎて、駐車場待ちの車の列が無くなったかなと思ったら、狭い道を一番バスが入ってきて、ギリギリのところで方向転換をして、登山客を降ろして戻って行きました。路肩に居る車が捌けないとバスが通れないのです。大して広くない山道に中型バスで入ってくるのですから、運転手さんには頭が下がります。
(バスマニアにとっては、ちょっとシビれる光景!)

おおよその支度が終わった頃に、駐車場の管理人さんが軽自動車で駆けつけてきました。駐車場も掻き入れ時でしょう。駐車場のシステムを確認し、やっと出発できます。出発前に余計な労力を使い過ぎですねー。登山届を出して、7時35分にスタート。

Sh3h1147
(登山口にある八ヶ岳山荘。登山届はここにあるボックスに提出します)

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲

今回の山行計画は、

≪1日目≫
美濃戸口~美濃戸~柳川南沢~行者小屋~地蔵尾根~赤岳天望荘~(ピストン)~赤岳山頂

≪2日目≫
赤岳天望荘~横岳~硫黄岳~赤岳鉱泉~柳川北沢~美濃戸~美濃戸口

というルートで考えておったのですが、出発が遅れたので、天候次第では1日目は赤岳天望荘で行程を終え、2日目の朝に赤岳山頂に向かうということで、早くも下方修正。

美濃戸までは林道なので、のんびりと話をしながら歩いたのですが、車中泊の様子を聞いてみたら、いびきで大変だったらしい。ちょうど1本の時間で美濃戸に到着。10分の休憩。

美濃戸からは柳川南沢に入り、いよいよ本格的な登山道開始。経験者のTさんを先頭に平均したペースで登って行きます。1本取って休憩した後、Yさんに先頭に立ってもらったら、ペースにムラが有り、他の3人から「歩きにくい」という意見が出て、それ以降はTさんが先頭で行者小屋まで。地図での所要時間は2時間となっているのですが、我々は歩いていた時間だけで2時間半も掛かってしまった。これは、ペースが速くないこともありますが、どうも、大雨で登山道が崩壊した区間が有って、そこを迂回していたために、所要時間が余計に掛かってしまったというのもあるようだ。これにより、1日目の行程は赤岳天望荘で終えることに決定。

010
(登山客でにぎわう行者小屋)

行者小屋では昼食休憩。新兵器でさっさとお湯を沸かして、自分はアルファ米+フリーズドライ中華丼、他の方はカップヌードルリフィルなどなど。昼食後の食休み中に、今日の目的地である赤岳天望荘を望みます。

011
(あそこまで2時間で登れるのでしょうか?)

12時20分に行者小屋を出発。Tさんを先頭に、地蔵尾根の急登を登ります。30分ほど歩いたところで、階段が出現し、徐々に核心部に近付いていきます。

013
(地蔵尾根の登りで最初に設置されている階段)

今回、岩場ではラストから、ワタシがYさんやKさんに声を掛けながら登る準備をしていたのですが、トップを行くTさんが、きちんと後続のYさんを見張ってくださり、また、Kさんは、普段、職場で安全帯を付けて高所作業をすることがあるそうで、鎖場も難なく通過して行きました。難所では、下ってくる方たちに、「あともう少しですよ~」と励ましてもらいますが、Yさんは商売人のせいか、それに過剰に反応し過ぎて、余計な労力を使っている感じ。見栄っ張りなのかな~。まあ、無理しないペースで登って、行者小屋から1時間半ほどで稜線に到着。「地蔵尾根」の名の通り、お地蔵さんが出迎えてくれました。

023
(背景が白いですね~。「帰ったら、フォトショップで色つけるか?(笑)」とTさん)

そこからは、ガスに覆われた尾根を5分ほど歩いて、本日の目的地である赤岳天望荘に到着。ガスって景色は見えないし、疲れもあるだろうからということで、再度みんなで確認し、赤岳頂上へのピストンはやめて、小屋でのんびりと過ごすことにします。

025
(赤岳天望荘。こちらの建物の他に別棟があり、地下道?でつながっています)

長くなったので、(その2)につづく。

« 9/8 自転車練習 | トップページ | ロード世界選ジュニア男子個人TT »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9/16,17 南八ヶ岳・赤岳(その1):

« 9/8 自転車練習 | トップページ | ロード世界選ジュニア男子個人TT »

日めくりカレンダー

ワタシの出品

カテゴリー