カテゴリー「自転車ロードレース観戦~レトロ~」の投稿

昔のレースを懐かしむ

2017年2月 9日 (木)

Serge Baguet

若くして引退してから現役復帰した後、2001年のツールでステージ優勝。2005年のベルギーチャンピオン。

自分と同い年ですが、ガン?で亡くなったそうです。お悔やみ申し上げます。

http://www.lequipe.fr/Cyclisme-sur-route/Actualites/Deces-a-47-ans-de-l-ancien-coureur-belge-serge-baguet/776536

2016年9月 3日 (土)

自転車雑誌のスクラップ

自転車雑誌のスクラップ

部屋の片付けをしていたら、封筒にドサッと入った自転車雑誌の切り抜き記事が出てきました。

ざっと見たら、2000年頃のモノ。
レースやメカニック関連の記事は今見ても良いですが、トレーニング論なんかは今でも通用するのかなー??

2016年3月15日 (火)

Cafe de Colombia

Cafe de Colombia

このロゴを見ると、いつも思い出します!

ヘレラとかファビオ・パラとか。もう30年くらい前のことですね~

2014年9月 3日 (水)

懐かしのPDM

懐かしのPDM

今年もPDMという発送業者からの郵便が届きました♪笑

2014年7月18日 (金)

フランコ・キオッチョーリ

1992年ツール第15ステージの動画がYouTubeにありました。14分53秒過ぎから。音量がかなり小さいですが。

あとは説明不要!見るべし!

2014年7月17日 (木)

Saint-Étienne

リザルトを追っかけて、ダイジェスト映像を見てるだけの今年のツール・ド・フランスですが・・・

今日の第12ステージのゴールのSaint-Étienne(サン=テティエンヌ)、久しぶりのような。最後、下ってゴールする街です。

かつては、ベルナール・イノーが落車して鼻の骨を折ったり、フランコ・キオッチョーリが単独アタックを成功させてステージ優勝をしたところ。

イノーの落車は1985年のことだから、もう29年も経つのですか~

2013年11月21日 (木)

何のレースのリザルトでしょう?

20131113165323_00001

見ただけで分かった方は通です! とりあえず、43位までを掲載しました。

このレースにまつわる思い出話は後日。

2013年11月 6日 (水)

【92 JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE】写真

前回、出走表を掲載してから4ヶ月余り。湿気の多い暑い時季には写真やネガをいじる気が起きなかったので、最近になって、ようやくスキャナーで読み取りました。ネガをスキャンしたのですが、20年以上前のモノなので変色しています。主だった写真をアップしま~す!

006l
集団の先頭で登ってきた安原昌弘選手(現マトリックス・パワータグ監督)。右のカレラの選手はマリオ・キエーザ
当時はヘルメット着用の義務はありませんでした。

020l
カレラの4選手。左から、キエーザ、マッシモ・ギロットジャンカルロ・ペリーニグィド・ボンテンピアブドジャパロフはギロットの陰に隠れています。
ペリーニとボンテンピの間にいるヘルメットを被った選手は
マウリッツィオ・フォンドリエスト(パナソニック)。1988年の世界チャンピオン。

001l
レース中盤、アタックを仕掛けるヘンドリック・ルダン(ロト)。追走するのはアメリカのスバルの選手。

012l
ペースの上がった集団の前方で走る橋詰一也選手(緑のヘルメットを被っている)と市川雅敏選手(ブライカー)。

015l
ルダンのために集団ペースアップの仕事を終えたロトの2選手。前がヨス・ヘックス、後ろがステファン・ヘネベルト。確か、ベルギー国内のレースではカスク着用の義務があったので、ベルギー国籍のチームであるロトは全員カスク着用だったような。(あと、パナソニックの一部の選手もカスク着用)
この2人のうちのどちらかが、邪魔な観客にボトルのドリンクをぶっかけていました(笑)

023l
レース終盤。逃げた選手を追撃する市川選手と、チェックに入るカストラマの選手。

026l
終盤にランデブーを決めたバート・ボウエン(スバル)とルダン。

036l
優勝したのは、ヘンドリック・ルダン(ロト)でした。

2013年6月20日 (木)

92 JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE

20130620165154_00001_2

これまた、ずいぶんと古いものが出てきました。1992年、第1回目のジャパンカップサイクルロードレースの出走者リストです。当時は、宇都宮のコースは逆回りで、レイクウッドCC側から登りました。

このレースで思い出すのは、1周目の登りを行く集団内で、カレラのボンテンピが、登りの得意な市川選手に対して「前に出ろよ!」みたいな感じで、「ヘイ!マサ!」と叫んでいたこと。その光景を見て、「市川さんは向こう(ヨーロッパ)で認められてるんだなぁ」と実感しました。

あと、レース後半、安原選手が先頭からちぎれて、ロトの選手と併走して登ってたのですが、ある観客が安原さんだけを押したところ、ロトの選手がボトルの中身をその観客の顔にぶっかけて、ベタベタになってたことも思い出しました(笑)。ボトルの中身は水ではなくて、スポーツドリンクか、それよりも濃いエナジードリンクだったみたいです。

写真も探せば出てくるかなー

2012年3月 7日 (水)

パリ~ニース第3ステージ

第3ステージのゴール地点『Le Lac de Vassivière(ヴァシヴィエール湖)』って、1990年ツールの最終日前日に個人TTが行われて、グレッグ・レモンがクラウディオ・キャプーチからマイヨ・ジョーヌを奪ったところ。懐かしい!

http://www.letour.fr/HISTO/fr/TDF/1990/2000/etape.html

日めくりカレンダー

ワタシの出品

カテゴリー